無料ブログはココログ

2017年12月23日 (土)

クリスマスの色の不思議 開催しました

親子で科学を楽しむ時間のプレゼント、という趣旨で企画した「クリスマスの色の不思議」。

クリスマスの色といえば、の問いかけに最初に元気よく答えてくれた、その答えは「金!」
えーっ、ツリーの緑とか、サンタの赤とか雪の白とか、そんなのを想定していたのでのっけから想定外にビックリ!
でしたが、お父さんやお母さんの「緑」とか「白」とかいう答えに助けられ(笑)、実験に入ることができました。
実験の内容は、光の色を分けたり、混ぜたり ですが、光の万華鏡を作ったり、幻灯機もどきを作る工作も交えて、で楽しい親子のコミュニケーションがたっぷり。おうちでとは一味違うお子さんの様子を見ることができたと思います。

今回は、ステキな大学生のお兄さんの読み聞かせもありました。
ツリーに積もらせた雪の結晶のレシピに興味津々のお父さんたちの様子は、私たちダ・ヴィンチスタッフにとってとてもうれしいものでした。

来年も子どもたちだけでなく、学生さんや保護者の方といっしょに楽しい時を過ごせるよう、励んでいきたいと思います。

20171223175148

20171223175226

» 続きを読む

2017年11月27日 (月)

お父さん・お母さんもいっしょに楽しんで下さい

20171212

2017年11月19日 (日)

こんなの見たことなかった!

11/18、明海小学校異年齢交流事業「あけみあそび広場」で、サイエンスショーのお手伝いをしました。
意図したものとは違ったものになってしまったのですが、こんなの見たことない!なとっておき動画をスタッフが撮っていました。
ライブほどではないけれど、お楽しみください

空気砲連射

2017年10月30日 (月)

今年は新町で!

 昨年度、東野児童センターで開催し、大好評だったサイエンスショー(空気のふしぎ)が、今年は明海小学校を会場にして開催されます。
 テレビで見るような大型空気砲や、広い体育館だから存分に楽しめるバルーンロケットなどの科学体験を、笑いといっしょにお届けします。
 *このイベントは、あけみあそび広場さんのご後援により実現いたしました。またそのご厚意により、明海小学校区・明海南小学校区以外でも参加可とのことです。
 お近くの方、ご家族でいらして下さいね。

001

2017年10月14日 (土)

あけみあそび広場で

10/14(土)

明海小学校の異年齢交流事業「あけみあそび広場」で、熱気球を浮かせてきました~

6839649318286

まずはロウソクによる上昇気流を利用して。
だんだんコツがわかってきて、天井まであがるようになりました(笑)
ろうそくの炎で

そのあと、燃料搭載型のミニ熱気球にチャレンジ。
燃料を搭載して

あっという間の2時間でした。
大人も子どももいっしょになって、小学校ならではの科学体験をエンジョイしていただけたようでした。

2017年8月27日 (日)

高洲公民館で

夏休みも残り10日となった8/22(月)、高洲児童センターの催しとして科学教室のお手伝い。
会場では、素材のイーストビーズづくりまで。おうちで砂糖水やジュースに入れて調べてね、とお話ししたけど、やってくれたかな。

00

01

02

04

05

06

2017年8月22日 (火)

色変わりで天気予報 東野児童センターで

8/21(月)
夏休みもいよいよ終盤。東野児童センターで夏休み2回目の科学工作教室。
今日は工作というより、図工(お絵かき)に近いかな。
湿度によって色が赤(湿っている)・青(乾いている)にチェンジする魔法のインクでお絵かきその他を楽しみました。
かき氷が、イチゴ・ブルーハワイに変わったり、ドライな環境では周囲に同化して姿を隠すカメレオンを描いたりと銘々知恵を絞っていました。

乾くと色がなくなる(これも色変わりの一種‼?)のりを使っての不思議なお絵かきも楽しみました!

Photo

Photo_2

Dsc03809




2017年8月 3日 (木)

東野児童センターで

8/2(水)、東野児童センターで、小学生のみんなとスノードーム夏バージョンと、OOHOづくりを楽しみました!
ボトルの中はクールな雰囲気で、シロクマさんもハッピーですね。
合わせて作ったつまめる水、さわってみたくなりますね。

Photo

Photo_2

2017年6月19日 (月)

塩のマジック開催しました

 昨日開催した「塩のマジック」
 2年生から4年生の12人が参加してくれました。

 野菜を塩もみすると水分が出てくる、そんなことはごく日常的な事象ですが、塩が水を吸い出す力もちょっと切り口を変えてみると、見たこともないような面白い事柄にみえます。
携帯用のトイレなどに利用されているポリマーと塩を使って、水がなくなる→なくなった水が出てくる。そんなタネもしかめもあるマジックから始まって、最後は塩のかたまりは電気を通さないのに塩水は電気をとおすこと、電気が流れているとき塩水の中で起こっていることを、赤紫蘇エキスの色変わりで目に見える形にしてみました。
 毎回のことですが、紅茶に砂糖を入れて飲む、ということが日常的でない今どきの子にとって、水に塩を入れて溶かすこと自体が、とっても楽しいことのようです。 
 「とうめいな液」に塩水を注ぐと白いもやもやが出てくる実験では、「油粘土みたいなにおいがする!」との声が上がりましたが、いわれてみればそんな感じも。もやもやの正体は石鹸なのですが、油脂っぽいにおいが似ているのかもしれませんね。
 食塩水の電気分解では、塩素のにおいも嗅ぎ取ってくれました。「なんか変なにおい」と言ってましたが、プールとか、台所の漂白剤のにおいかな、というと納得していたようです。
 狙ったわけではないけれど、体全体で観察し、短い人生経験で知っていることと結びつけることができるチカラに感動しました。

1

2

3

4

5

6

2017年5月24日 (水)

6月の催し

 運動会シーズンですが、子どもたちにはぜひ文武両道、室内でも楽しく過ごしてほしいですね。6月のワンダーサイエンスラボは、2年生から(保護者同伴で1年生も)参加できる催しです。奮ってご参加下さい!

フライヤーのダウンロードは以下クリックでお願いします。

「20170618.pdf」をダウンロード


201706

» 続きを読む

«3/19 ワンダーサエンスラボ開催

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31